さんがつ日記-hb

アラフォー兼業主婦の徒然日記

シャーロック・ホームズのDVDを買いました。さくっとレビューと原作の話。好きなワードは「バリツ」です。

f:id:sangathu:20180716092639p:plain

ボーナスが出る前にホームズのDVDを買いました。

 


中学生だったか小学生だったか覚えていないのですが、TVで見てからずっとこのグラナダTV制作のジェレミーブレット×露口茂ホームズ」のファンでした。
大人になっても、TUTAYAで借りて見ている位好きでした。

「さっさと買えばいいのに」と言われてしまいそうですが、希望小売価格48,000円のBOXです。
少々お高いんですよねぇ。
でも買いました。
だってamazonで半額近くになっていたのです。

プライムビデオには日本語吹き替えが無い。
価格が下がっている。
ボーナスが出た。
の三拍子で買うことにしました。まぁ買って良かったです。

レビュー的な事を書くと、

・吹き替えが少々不満。
音声の都合なのか、表現の都合なのか、同じ会話のシーンで時々ホームズの声が入れ替わります。致し方ありませんが不満です。

・ブルーレイですので画面が綺麗です。
貴族のお部屋・装飾品・ドレス等とても鮮明で見やすいです。あの時代のイギリス文化が好きな方には絵面だけでもご飯が進みそうです。

・原作のイメージに近い
これが一番だと思います。読み手によってホームズ像は色々ありますが、
人間的に欠陥?・非常識な部分がある。(感情の温かみの部分の表現がヘタ)
神経質。
自分に無頓着。
気むずかしい。
な雰囲気がきちんと人物像として表現されています。

 

ホームズ好きでない人には何の興味の無いお話ですが、私的には老後の楽しみの一つの財産になりました。

因みに、ホームズのお話は「名探偵コ◯ン」の様に人がバタバタと亡くなりません。
(不幸が起こる事もありますが・・・)
よく有るのが、普通の人が聞いたらバカバカしい話、気にする事が無い様な変な出来事の背後にある犯罪を防ぐという様なストーリーかぁなと思います。

まぁ、私が好きな「踊る人形」「まだらの紐」「マスグレーブ家の儀式書」は不幸がありますが・・・・。長編でいうと「バスカヴィル家の犬」が好きです。
不幸といっても、自業自得のパターンもあります。

一番好きで無いお話は「ボヘミアの醜聞」です。まぁ、察して下さい。(アイリーン・アドラーのお話です。)
あとは原作の方になりますが、作中の好きなキーワードは「バリツ」です。作者は日本の事をご存知だったのかなぁ?と夢が膨らみます。
 

実は、このホームズですが、

221b.jp

なんと!WEB上で無料で公開されています。URLがシャレてますねぇ。シブイです。
ホームズシリーズは最初は長編からですが、短編も多い作品ですので、気軽に短編からでも読めると思います。

外に出るレジャーも良いですが、エアコンの聞いた部屋で読書も良いですねぇ。
この夏は特に暑くなるそうで、熱中症対策に自宅で読書なんてどうでしょうか?