さんがつ日記-hb

さんがつ日記-hb

アラフォー兼業主婦の徒然日記

「サイトは審査不能」ネットの海を彷徨う前に・・・アドセンスのヘルプフォーラムで指針を貰おう

アドセンスの審査の際にお世話になったのは、ヘルプフォーラムです。

 
ピン留の固定記事をよく読めば最短で合格が出来ます。 

productforums.google.com

私も他のブログで記事にしています。

nikki.sangathu.org

 

で、そのフォーラムで最近「はてなブログで、サイトは審査不能と言われる」という事が度々質問に上がります。

ですので、はてなブログで記事にする事にしました。

f:id:sangathu:20180920203359j:plain

確定要素ではないのですが、エキスパートさんが仰るには、https化へ向けている為で一定の間、審査すらしてもらえない状態になるそうです。(「保護されていない通信」という文字をアドレスバーで見た事はありませんか?その部分っぽいです。)
まぁ、永久的なものでは無いそうですので、この間に上のフォーラムを読んで焦らずに改善を進めてみて下さい。
 

それともう一つ。

良く有るのが、文字数は2,000字以上で、記事は30以上なのでコンテンツ不足で無いという方が多いです。
通過のポイントは、単純な文字の数や記事の数では無さそうです。

以前は日記系のブログでも承認されたそうですが、最近は独自性が高く、有益な情報が多い記事が好まれるそうです。

私個人的には「嘘が無い上で、客観的、かつ独自の視点での細かな記載」なのかなぁと思います。
ですので、見聞きした話や、ごく一般的な見解、ただのスペックの引用では難しいと感じましたので、合格を目指す方は記事の見直しも必要かもです。

 

で、このブログは悪い見本です。審査通過は絶望的です。
むしろ無料版のままでアドセンスに追加しない代わりに、薄いコンテンツでやりたい放題、ポリシーなんぞ気にしない!の気持ちで書いています。

 

さて、客観的というか、読者に分りやすい表現をするという事で・・・ 

president.jp

文章を書く際は形容詞に気を付けましょうという事です。
とても分りやすく、文章の比較も載っていますので、アドセンスに向けてサイトの改善を考えておられる方は読む価値ありだと思います。

 

例えば・・・「このカフェのお勧めは、雰囲気がすごく良くて、珈琲がとっても美味しい所です。」ではいわゆるペラペラの文章だという事です。
要は見たもの経験したものを、他の方に分ってもらえるように表現をするという事だと思います。

 

アドセンスの審査通過に悩んでいる方は、是非ヘルプフォーラムへ。

グーグルの回し者では無いですが、悩んでネットの海を彷徨うなら、こちらで指針を見てからでも良いのでは?という気持ちでご紹介です。